あさひ学園 - Asahi Gakuen文科省・外務省支援
ロサンゼルス補習授業校

保護者ページ facebook Twitter

卒業生・同窓生便り

第三十六回 望月洸 さん

pic-alumni36

卒業生・同窓生便りの第36回はBroadway MusicalSに属している望月洸さんからです。あさひ学園には小学1年生から中学卒業までの9年間を通われました。あさひ学園での日本語の勉強は簡単ではありませんでしたが、9年間通い続けたことは日本人としての勤勉さを身につけることで、大変役に立ったようです。California State UniversityのNorthridge校で演劇を、Fullerton校で英語を専攻、卒業後は舞台俳優として、多くのトレーニングを受け、現在はニューヨークのBroadway Musicalに属しています。ブロードウェイではディズニーのミュージカル「アイーダ」に助演者として出演、今はディズニーの「メリーポピンズ」で全国ツアーを行っており、この11月にはロサンゼルス公演が予定されています。在校生の皆さんには、あさひでの経験は人生を豊かにするものであり、卒業証書以上の価値をもたらしてくれることを伝えてきています。

個性を伸ばすことが成功への道

私のあさひ学園での9年間は忘れることのできないものです。私は両親が期待するような模範生ではありませんでした。それはたぶん自分が将来、高度な日本語教育を必要としない方向に進むことが分っていたからだと思います。こつこつとまじめに勉強することはとても難しかったですけれど、今になってみると、両親が通い続けることへこだわってくれたことに感謝しています。

そのおかげで、大人になったとき日本人的な勤勉さを身に付けることができたと思います。 あさひ学園を卒業した後、私は舞台俳優としての道を歩んできました。踊りや歌や芝居のトレーニングを受け、テーマパークやクルーズ船で働いてきました。私のキャリアの頂点はニューヨーク(今私が住んでいる)のブロードウェイのステージに立ったことです。4年間にわたって、ディズニーのミュージカル「アイーダ」に助演者として出演していました。そして、有名な劇団「四季」の人達がニューヨークにやってきたとき、私の日本語力が役に立ち、日本での公演準備の手助けをすることができました。バイリンガルであることはより多くのチャンスに繋がります。演劇の世界においても。

日本語教育が現在の私に直接何かをもたらしてくれているということはありません。けれども、両親が私をあさひ学園に通わせてくれたことは、人生を豊かにする経験ができるという、卒業証書以上の価値をもたらしてくれました。私は演劇界において成功したごく少数の日系アメリカ人であることを大変誇りに思っています。そして、あさひの友人達は今も私を応援し、私の経験を分かち合ってくれています。

私の舞台俳優としてのキャリアは続いていて、今はディズニーの「メリーポピンズ」で全米ツァーをしています。あさひの友人達は、この11月に私の舞台をミュージックセンターで見ることができるのを今からとても楽しみにしてくれています。古くからの友人達が応援してくれていることは素晴らしいことです。その友人達や私の家族に、私のルーツであるロサンジェルスで会えるのがとても待ち遠しいです。

My nine years at Asahi has made a lasting impression. I was not the model student my parents had hoped I would be, but perhaps that was because I knew my life would go in another direction that did not require a higher Japanese education. It was very difficult to study diligently, but in retrospect, I am grateful for my parents’ persistence in continuing my enrollment. As a result, I am able to apply the discipline of the Japanese work ethic to my endeavors as an adult.

Since leaving Asahi, I have developed a career for myself as a performer. I’ve been trained in dancing, singing and acting, and have gotten work in the theme park and cruise ship industries. I reached the pinnacle of my career upon my induction onto the Broadway stage in New York, where I currently am resident. For four years, I was a performer in the ensemble of Disney’s musical, Aida, and my proficiency in Japanese came in handy when Geki-dan-shiki, a prestigious theatrical organization in Japan, enlisted my assistance to develop the show for Japanese audiences. Being bilingual certainly revealed it’s opportunities, even in the performing arts.

My Japanese education does not directly serve any relevance to the present, but the investment my parents made in enrolling me in Asahi Gakuen has brought about a life-enriching experience that holds more value to me than a diploma. I am full of pride to represent a small fraction of the Japanese/American demographic to have a successful career in the theatrical world, and I still have the valuable support of my Asahil friends to share my experiences with.

My performing career continues to flourish as I am now touring nationally in another Disney musical, Mary Poppins. My Asahi friends are already excited to see me perform on the stage when the production arrives at the music center this November (2009). It’s so wonderful to have the support of my peers from years ago and I look forward to seeing them and my family in Los Angeles where my heritage thrives.

卒業生・同窓生便り一覧へ

PAGETOP