あさひ学園 - Asahi Gakuen文科省・外務省支援
ロサンゼルス補習授業校

保護者ページ facebook Twitter

卒業生・同窓生便り

第十九回 園山佐和子 さん

pic-alumni19

卒業生・同窓生便りの第19回は、サンフランシスコの国際教育協会に勤務する園山佐和子さんからです。園山さんは生まれたのは日本でしたが、あさひのオレンジ校に小学部と中学部の9年間通われました。最初の頃は英語力の問題もあり、あさひの生活に安心感を得たようですが、やがて英語が上達するにつれ、現地校での勉強や生活の忙しさから、あさひ学園での時間が疑問になったとのことです。しかし、そのような気持ちが感動に変わったのは、あさひでの9年間の生活が締めくくられる卒業式であったようです。現地の高校卒業後、カリフォルニア大学バークレー校に進学、人類文化学と数学を専攻しました。バークレー在学中にスペインに1年間留学、スペイン語とスペイン文化を自らの生活の中に学ぶという経験もされました。また、スペインでの生活は自分のアイデンティティを深く考える機会ともなり、米国の中で日系アメリカ人として生きる決意になりました。そして、2007年の桜の女王に選ばれ、北カリフォルニア日系コミュニティーの代表として活躍、現在は、世界中の生徒達の就学金を運営している国際教育協会に勤務しています。在校生の皆さんには、日米の文化の架け橋であるあさひ学園に学べる機会を生かし、柔軟性のある考えを育てて、グローバル化する社会に積極的に進んでいってもらいたいとしています。

文化の架け橋

あさひの思い出

私は新潟県で生まれましたが高校卒業までほとんどオレンジ郡で育ちました。 小学校、中学校の9年間をあさひ学園オレンジ校に通いましたが、英語が良く分からない時はアメリカの学校に通うのにくらべて、あさひは安心でした。しかし、少しずつ私の英語が上達し、どんどん性格もアメリカナイズされるにつれ、私のあさひ学園に対する態度も変化しました。みんな土曜日は遊んでいるのに、どうして宿題が二つもあるのか? なぜ同じ数学を二回も習わなければいけないのか? 高校のスポーツとの両立が難しくなるたびにあさひに通うのが難しくなりましたが、卒業まであと少しと頑張り続けました。中学卒業式、私はやっとあさひ学園が終わると晴れ晴れすると思いました。しかし、驚いたことに感動の涙があふれました。あさひ学園は私が思った以上、深い経験だったということでした。

スペイン留学

カリフォルニア大学バークレー校では人類文化学と数学を勉強しました。バークレーですごした四年間はどれもとても素晴らしかったけれども、私の一番の思い出は1年間のスペイン留学です。カリフォルニアでとても便利なスペイン語をマスターするために留学を決意しまいした。1年間スペイン語で話し、スペインの文化を習いました。スペイン人、イタリア人、ドイツ人とルームシェアをしたり、スペイン語で授業をとり、毎日が難しくて楽しい発見ばかりでした。たくさん新しいことを学びましたが、一番大事なレッスンは自分自身が日系人だと理解できたことでしょう。

周りにアジア人がたくさんいるカリフォルニで育ちましたので、自分が何人なのか深く考える機会はありませんでした。ヨーロッパでは、アジア人の数がとても少なく、アジア人が長く滞在したり、日系人などというコンセプトはまだないように感じました。だから 出身地を聞かれるたびに戸惑いました。私が完璧に日本人に見えるが英語を自由に話す。スペイン人にとっては、私は日本人かアメリカ人かとはっきりしてほしいということでしょうか。自分の存在をここまで厳しく聞かれたのは初めてで、おかげで自分はやはりもう日系人なのだ、と理解して、それがアメリカ人になろうという決意につながりました。

桜の女王

スペイン留学からもどり、自分の中の新しい日系人を見つけ、私は日系コミュニティーで活動したいと思いました。それで北カリフォルニア桜の女王プログラムに参加しました。2007年桜の女王として、私はサンフランシスコ日本町の代表者としていろいろなボランティア活動に励みました。北カリフォルニアの桜の親善大使として、ロスアンジェルス二世ウイーク祭り、ホノルルの桜祭り、シアトルの日系コミュニティー奨学金プログラムを訪問しました。一番の思い出は、両親と一緒にサンフランシスコの姉妹都市、大阪に行き、御堂筋祭りに参加したことです。

桜の女王としての1年間、私は日本人として一番大事な心得、感謝の気持ちをあらためて、深く学ぶことができました。自分の家族やともだち、コミュニティー、そして日本文化に対する感謝と約束のおかげで、桜祭りはなりたちます。そのような日本文化を愛する日系人コミュニティーに出会えたことを心から感謝しています。

さらに、私の桜の女王の経験を私の両親、日本の親戚にも分かち合える事ができたことをを誇りに思います。私の両親がアメリカで生活しようと決意したこと、それでも子供たちに日本語を教えようと努力してくれたおかげで私は日本、アメリカの両文化を味わえました。私の両親が私をこう育ててくれたから、桜の女王になれたといえるでしょう。私の桜の女王としての仕事は北カリフォルニアのコミュニティーが中心でしたが、それ以上に日本にいる親戚とアメリカに居る家族との間の架け橋になれたことを誇りに思います。

そして今、あらためてあさひ学園に通ったことを感謝しています。日本語と同時に、日米文化の違いを幼いころからずっと感じてきたおかげで、今日の私がいます。

国際教育

日本、アメリカ、スペインの文化に触れ、私は国際的な仕事がしたいと自然に思うようになりました。とくにあさひ学園や、スペインの大学に通い、違った教育システム、留学などに興味を持ち、国際教育に目覚めました。今わたしは、国際教育協会という非営利団体で働いてます。世界中の生徒たちの奨学金を運営して、生徒たちを助けていることを誇りに思います。将来は国際教育か国際トレーニングの修士号をとりたいと思います。南米にわたりスペイン語を使いたいとも思います。世界中どこにいても、日本人の代表だと自負し、日本語を話し、日本文化を教えて、世界の人をつなげられるグローバルな人間でありたいと思います。

あさひ学園のみなさんへ

あさひ学園のみなさんへ。短いアメリカ生活でも、永住のひとでも、あさひを楽しんでください。両立がともても難しい気持ちはよく分かります。でもあなたがたは日本語と英語を話せて、ふたつの全く異なる文化を自分のものにする才能があると思います。その柔軟性をもって、このどんどんグローバル化されている世界の理解者、活動家、指導者になってください。心より応援しています。

Going to Asahi

I was born in Niigata but was raised predominantly in Orange County. For nine years, I attended Asahi Gakuen Orange Campus. Initially, Asahi felt like heaven compared to the horrifying experience of going to an American school without knowing any English. Gradually, as my English improved and my personality became more and more Americanized, my attitude toward going to Asahi shifted. Why do I have two sets of homework while my friends have a day off on Saturday? Why do I have to learn mathematics twice? Frustration arose as I struggled to maintain the balance between my high school extracurricular activities and keeping up my attendance at Asahi. I came close to giving up, but I was encouraged by my parents that I have come so close to graduating. When I finally graduated from Asahi Gakuen, I was sure to be relieved that Saturday school was finally over. Instead, I was overwhelmed with emotions and tears of accomplishment. I never realized how much Asahi meant to me until I graduated.

Studying Abroad – Madrid

I pursued a Bachelor’s degree in Cultural Anthropology and a minor in Mathematics at UC Berkeley. I enjoyed every moment I spent at Cal, but my highlight was studying abroad in Madrid. I was fully immersed in the Spanish language and culture for a year. Everyday was filled with surprises while I lived with Spaniards, Italians, and Germans and took classes in Spanish. I learned a lot about adapting to a new lifestyle, studying in a European educational system, and booking cheap hostels. My most important lesson, however, was discovering my Japanese-American identity.

In California, I never had to question my background because there were so many Asians and Asian Americans. In Europe, however, there were far less Asian immigrants. Europeans were familiar with the concept of American students studying abroad in Europe; however, they were unfamiliar Asian Americans studying abroad. Thus, the question, “de donde eres?” (Where are you from?), was difficult to answer. Europeans could not understand how someone who looked completely Japanese could act so American, and also spoke both languages. For them, I had to be either Japanese or American. For the first time in my life, I was seriously confronted with the question of my national identity. I finally came to terms with my identification as Japanese American and decided to become a U.S. Citizen.

Northern California Cherry Blossom Queen

After returning from Spain and discovering my Japanese American identity, I was eager to be more involved with the Japanese American community. That is why I decided to participate in the Northern California Cherry Blossom Queen Program. As the 2007 Cherry Blossom Queen, I was the face of San Francisco Japan Town and participated in various community service activities. As the cultural ambassador of the Northern California Japanese American community, I traveled to the Nisei week’s festival in Los Angeles, the Festival Ball in Hawaii, and the Japanese Community Queen Scholarship Program in Seattle. My favorite memory was when I traveled with my family to Osaka, San Francisco’s sister city, to participate in the Midosuji parade.

Through my experience as Cherry Blossom Queen, I came to a heightened understanding of a very important Japanese value: appreciation. The Cherry Blossom Festival could not exist without the deep appreciation and commitment everyone has to their family, friends, the community and the continuation of its culture. I am thankful to be able to be part of such a community.

Furthermore, my experience became a way to give back to my parents and grandparents through this experience. If it weren’t for my parent’s decision to move to the U.S. and to keep us educated through Asahi, I could not have maintained both the Japanese and American language and acquired the skills to become Cherry Blossom Queen. Even though my role as Cherry Blossom Queen was primarily focused in Northern California, it also became a way of giving back to my family, and of creating a stronger bridge between our family in California and Japan.

I also have a deeper appreciation for the moments I spent at Asahi. At the time I took the cultural exposure for granted, but now, everything I learned from Asahi has led to who I am today.

Institute of International Education

My bicultural and bilingual upbringing and studying abroad experience led me to a career in international education. I currently work at the Institute of International Education where I administer scholarship and training programs for students around the world. I hope to further my career by obtaining a masters degree in either International Education or Intercultural Training. I also hope to work abroad in South America to improve my Spanish. No matter where I am in the world, I will always remember to serve as a Japanese representative to speak the language, share the culture, and become a global citizen that connects people from different parts of the world.

Asahi Students

Asahi students–whether you are here for a short period or for the long haul, please cherish your Asahi moments. I know it seems difficult as it was for me, but you have a gift. You have the ability to speak in English and Japanese and the capacity to understand two different lifestyles. Use your adaptability to expand your horizons. Learn a third language and study abroad because you already have all of the skills. Please take your bilingual and bicultural skill to the next level to become an active and sensitive leader in this increasingly global community. Best of luck!

卒業生・同窓生便り一覧へ

PAGETOP