あさひ学園 - Asahi Gakuen文科省・外務省支援
ロサンゼルス補習授業校

保護者ページ facebook Twitter

学校長 平居 繁和 の挨拶

 

 今年度から文部科学省在外施設派遣校長を拝命しました平居繁和と申します。ロサンゼルス補習授業校あさひ学園は、今年度で創立51年を迎えました。1969年本校創立は、「帰国後、日本の教育環境に円滑に適応できるようになってほしい。」「日本の学校における学習および生活様式をロサンゼルスで学び、国際社会に貢献できる子どもに育ってほしい。」という多くの方々の願いと情熱と努力のたまものです。そこから絶えることなく引き継がれた願いと情熱と努力を受け継ぎ、協働した学校づくりをしたいと思っております。どうぞ皆様のご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

 

 さて、本校には、サンタモニカ校,トーランス校,サンゲーブル校,オレンジ校の4校があります。在籍する園児児童生徒の総数は1200名を超えます。本来、基幹教科を日本の検定教科書を使用し,学習指導要領に則った授業を毎週土曜日に日本語で指導しておりましたが、COVID19感染防止のため4月は休校、その後はインターネットでの遠隔授業を実施してきました。子どもたちだけでなく先生方にとっても初めての経験ですので以下のように一歩一歩困難を乗り越えてきました。

 

ステップ1 オンデマンド授業配信 5月

あさひ学園の代表授業者の先生方によるオンデマンド(ビデオ)授業を行いました。作成前には不安がありました。それは、世間には多くの授業ビデオがあり、比較して見劣りしてしまうのではないかということでした。ところが先生方の熱心なご指導がカメラから子どもたちや保護者の皆様に伝わり、多くの皆様からよかったというお声を聞きました。

 

ステップ2 午前中ライブ授業 6月

6月から担任・担当教師による午前中ライブ授業を始めました。担任や教科担当の先生の授業を学友と一緒に学ぶことで子どもたちの学習意欲を高めていくことが第1の目的です。ライブ授業の長所は、教師と子どもたちそして子どもたち同士の双方向の交流を通して学ぶところにあります。

 

ステップ3 通常の学校と同じ6コマのライブ授業開始 9月

今後のCOVID19感染防止の対応が不透明な中、通常の学校とオンラインの授業が両立できるような授業の体制を構築しました。

幼稚部 午前中授業

小学部1~2年 5コマ(午前4コマ、午後1コマ)

小学部3年~高等部 6コマ(午前4コマ、午後2コマ)

園児・児童・生徒の発達段階に応じた1日ベースの授業を行っています。

 

 私は、子どもたちに夢をもってほしいと思っています。子どもが夢を描き、夢に向かう道筋を見つめ、大きな夢とロマンのある未来を切り開くために何をすべきかを考え、夢を夢だけに終わらせない力をつけられる学校にしたいと思っています。子どもたちの夢への想いが一人ひとりの学びへの姿へと表していけるようにあさひ学園関係者が一丸となって子どもたちの指導にあたってまいります。どうぞ、皆様方のご支援をお願いいたします。

                                       学校長 平居 繁和

 

PAGETOP