あさひ学園 - Asahi Gakuen文科省・外務省支援
ロサンゼルス補習授業校

保護者ページ facebook Twitter

あさひ学園便り

ライブ授業が始まります

発行:
第410号    2020年6月6日
著者:
あさひ学園校長 平居 繁和

 そろそろ日本では、梅雨の時期になりました。滋賀の空も曇りがちで高温じめじめしており梅雨入り宣言も間近です。緊急事態宣言が解除され、私の地元の小中学校では今週午前中授業、来週8日からは通常の授業が始まります。集団登下校の子どもたちの声が聞こえ、町を活気づけてくれているように思います。ロサンゼルスでは、COVID19 の感染防止のための休校が長期化しており子どもたちだけでなく、家族も周りの大人も前向きな気持ちを保つのが難しい状況ではないかと思います。一刻も早い収束を願うとともにあさひ学園の取り組みが知識・理解だけではなく心のつながりを大切にした一人ひとりのやさしさや前向きな気持ちの支えになれるように進めてまいりたいと思います。
 そこで6月13日から(高等部は6日から)の担任・担当教師によるライブ授業を始めます。子どもたちの学習への意欲の支えになることが第1目的です。担任や担当の先生の授業を学友と一緒に学ぶことで学習意欲を高め、人をやさしく思いやる心と前向きな気持ちで活動してほしいと思います。
 ライブ授業の長所は、教師と子どもたちそして子どもたち同士の双方向の交流を通して学ぶところにありますが、授業をコントロールしていく難しさもあります。ライブ授業を子どもたちの成長の支えにしていくためには、学年や年齢、パソコン等の経験に応じて保護者の皆様にご理解とご協力をいただくことが必要です。どうぞよろしくお願いします。

 

1. ライブ授業の基本的な考え方
 ① できるかぎり子どもたちをアクティブに活動させる。双方向の交流を大切にする。
 ② 授業内容はできるだけシンプルに基本の内容や考える内容を中心にする。
 ③ 土曜日の学習範囲の授業が次の1週間の家庭学習の導入と位置付ける。 

 

2. 保護者の皆様に協力していただきたいこと
 ① お子様お一人に 1 個の PC または端末をご準備ください。
 ② ライブ授業のきまりをお子様と確認いただき、学年や年齢、パソコン等の経験に応じて授業に
   参加できる補助をお願いします。事務局からお知らせする連絡も必ずチェックしてください。
 ③ ライブ授業では、指導を重点化して絞っていく必要があります。より良い授業になるように研
   修をし、改善してまいりますが、家庭学習予定表に書かれた内容の学習を実施することで学習
   効果が上がります。家庭学習への励ましと必要に応じて外部コンテンツも利用していただくよ
   うにご指導ください。(外部コンテンツの案内は学習予定表に記載しています。)

 

3. その他 ご理解いただきたいこと
 ① 担当教員は、オンライン授業になったことにより交代している学級があります。
 ② 8 月 1 日は、オンデマンド方式のビデオ録画授業を配信いたします。

 

 ライブ授業は新たな試み、新たな指導法ですが、本校に在籍するお子様のために質の高い教育を目指してまいります。ご面倒をおかけしたり不備なところがあったりすると思いますが、これまで同様、保護者の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

学園だより一覧に戻る

PAGETOP